<< 【幕末絵馬コレクション】長府 乃木神社 | main | 明治天皇 >>
哲学堂公園
先日、近所の「哲学堂公園」に久方ぶりに足を運んでみた。

この公園は哲学者の井上円了によって創立されたもので
その哲学精神が視覚的にもふんだんに表現されている。

哲学堂公園

妖怪博士の異名を持つ円了だけに
幽霊と天狗の木像が配された「哲理門」など見所も多い。

幽霊

また井上円了は「東洋大学」の創設者として有名であるが
実はその支援を行ったのが勝海舟であるということはあまり知られていない。
その辺りの話は東京「幕末」読み歩きでも紹介しているので
是非、ご一読頂きたい。


ところで、どうして「哲学堂公園」に久方ぶりに出かけたかというと
その目的は昨年に完成したという11体の銅像からなる「哲学の庭」を
見物するためである。

この「哲学の庭」が実に素晴らしい。

庭の詳細については
http://tetsugakudo.jp/weblog/2009/12/post_204.html
などのサイトで確認して頂きたいが、
自称銅像マニアとしては、感激の一言である。


まずこちらの群れが
手前より
「ガンジー」「達磨大師」「聖フランシス」




続いて
「ユスティニアヌス」「聖徳太子」「ハムラビ」のお三方



そして
「エクナトン」「キリスト」「老子」「釈迦」の四方と「アブラハム」


アブラハムがお顔を隠しているのは
偶像崇拝が禁じられているためであるという。



銅像の群れというのは、それだけで嬉しいものであるが
個人的には敬愛する聖徳太子像が気に入った。



とかく仏像のような形で造形されることが多い聖徳太子像だけに
これほど凛々しい太子像は新鮮であった。

興味のある方には是非足を運んで頂きたい
オススメのスポットである。
| 史跡 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://irohado-column.karakurido.net/trackback/11
トラックバック