明治天皇
今月1日、ドナルド・キーン氏が日本に永住するため
来日されたという報道がなされた。

日本文化の研究者として非常に名高いキーン氏は、
先の東日本大震災を契機に日本国籍を取得し、永住を決めたという。

この日、ちょうど4巻からなるキーン氏の名著「明治天皇(文庫版)」を読み終えた。



明治天皇のご聖徳については
「明治神宮」の崇敬会にも属しているので
それなりに知っているつもりであったが
この本を読んで、ますます明治天皇の偉大さが理解できた。

公式の記録として、
明治天皇の肉声はほとんど残されていないので
天皇自身のその時々のお考えを探るのは大変困難であるが
キーン氏は、例えば天皇のお詠みになったお歌などから推測し、
明治天皇の人物像を推測されている。

この作業には非常に苦労したことをキーン氏自身が述べているが
その圧倒的な日本文化に対する知識と、莫大な資料研究によって
明治天皇に迫る迫力がいたるところに感じられる作品であった。

そしてつくづく感じるのが
「明治時代=明治天皇」であり
あの激動の時代に、明治天皇をいただいていた日本は
いかに幸運であったかということである。

明治神宮の外苑にある「聖徳記念絵画館」には
明治天皇のご生誕から崩御までを、80点の大壁画で紹介されている。


3メートル×2.5メートルという大迫力の壁画の素晴らしさは言うまでもないが
年代順に展示されているため、明治天皇の治世が絵物語のように追っていける。

キーン氏の「明治天皇」と共に見学されることをお勧めしたい。


| 書評 | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
哲学堂公園
先日、近所の「哲学堂公園」に久方ぶりに足を運んでみた。

この公園は哲学者の井上円了によって創立されたもので
その哲学精神が視覚的にもふんだんに表現されている。

哲学堂公園

妖怪博士の異名を持つ円了だけに
幽霊と天狗の木像が配された「哲理門」など見所も多い。

幽霊

また井上円了は「東洋大学」の創設者として有名であるが
実はその支援を行ったのが勝海舟であるということはあまり知られていない。
その辺りの話は東京「幕末」読み歩きでも紹介しているので
是非、ご一読頂きたい。


ところで、どうして「哲学堂公園」に久方ぶりに出かけたかというと
その目的は昨年に完成したという11体の銅像からなる「哲学の庭」を
見物するためである。

この「哲学の庭」が実に素晴らしい。

庭の詳細については
http://tetsugakudo.jp/weblog/2009/12/post_204.html
などのサイトで確認して頂きたいが、
自称銅像マニアとしては、感激の一言である。


まずこちらの群れが
手前より
「ガンジー」「達磨大師」「聖フランシス」




続いて
「ユスティニアヌス」「聖徳太子」「ハムラビ」のお三方



そして
「エクナトン」「キリスト」「老子」「釈迦」の四方と「アブラハム」


アブラハムがお顔を隠しているのは
偶像崇拝が禁じられているためであるという。



銅像の群れというのは、それだけで嬉しいものであるが
個人的には敬愛する聖徳太子像が気に入った。



とかく仏像のような形で造形されることが多い聖徳太子像だけに
これほど凛々しい太子像は新鮮であった。

興味のある方には是非足を運んで頂きたい
オススメのスポットである。
| 史跡 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【幕末絵馬コレクション】長府 乃木神社
 新年、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

新年を記念し、
本年より幕末関係のコレクションを
紹介していきたいと思います。

その第一弾が絵馬です。

幕末関係の史跡は全国各地、様々、巡っていますが
圧倒的に多いのが、寺社仏閣の類です。

その際、参拝後には御朱印を頂くと同時に
絵馬を購入し、コレクションにしております。

それらをご紹介していきたいと思います。

第一回は山口県長府の乃木神社です。

乃木神社は全国にいくつか御鎮座されていますが
今回は乃木将軍の郷里にあります長府の乃木神社です。

御祭神の乃木希典将軍は、
何といっても日露戦争のイメージが強いですが
幕末期にも長府藩士として幕府軍との戦いにも参加しております。
また吉田松陰とは親戚の関係にもあたります。

ちなみにこの絵馬は通常のものより一回り大きい
参拝記念用に販売されているものです。

| 幕末絵馬コレクション | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
江戸東京博物館「龍馬伝」
 先週、江戸東京博物館で開催されていた
特別展「龍馬伝」を観に行った。



随分、混雑しているという話を聞いていたので
平日を狙って行ったが
それでも大行列で、さすがの龍馬人気を
改めて感じさせる。

展示の史料は
各地で見たことのある物も多かったが
これだけの史料が一同に集められたのは
圧巻であり、行列ができるのも納得であった。

「江戸東京博物館」の常設展示の方にも
実は龍馬や幕末に関する資料も多く、
又、両国界隈は勝海舟の出身地でもある。
詳しくは『東京「幕末」読み歩き』を
是非、お読み下さい。

| - | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【史跡】湯島聖堂
 先日、神田に打ち合わせに行った帰りに
「湯島聖堂」に立ち寄った。


「湯島聖堂」は江戸幕府直轄の学校で
朱子学を教えた「昌平校」の跡である。

幕末には佐久間象山や横井小楠の師である「佐藤一齊」や
吉田松陰や岩崎弥太郎の師「安積艮齊」などが教授を勤めた。

かの高杉晋作も学んている。

詳しくは
『東京「幕末」読み歩き』
http://karakurido.net/project/project_bakumatsu.html
を参照して下さい。

ちなみに、あまり知られていないが
こちらでも御朱印が頂ける。




| 史跡 | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
comic大河にて
 現在発売中のcomic大河(PHP)の
歴史グッズ&イベントコーナーに
東京「幕末」読み歩きが
紹介されております。


この雑誌は
歴史に特化したコミック雑誌。
戦国から幕末、大東亜戦争まで
様々な日本史関連の漫画が
連載されています。

ちょうど、この号の特集は
「龍馬暗殺の謎」

暗殺時の龍馬の周辺が
分かりやすく解説されています。

龍馬ファンはお見逃しなく。
| 東京「幕末」読み歩き | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【史跡】東本願寺
 用事があって合羽橋に出かけたついでに
台東区の「浅草東本願寺」に参拝した。


ちなみに幕末維新関連の寺社に参拝した際は
御朱印をいただくことにしている。


東本願寺は彰義隊、結成の地であり
また明治期には日本発の「地方官会議」が開かれた地である。
「地方官会議」には明治天皇をはじめ
勝海舟、木戸孝允、大久保一翁なども出席しており
現在、境内には会議を記念した「憲政碑」が建てられている。



偶然の参拝で、非常に幸運であったのは
敷地内で「明治維新展」が開かれていた。
殆どの展示物が書であったが
錚々たるメンバーであった。
明治天皇・孝明天皇・勝海舟・山岡鉄舟・高橋泥舟
西郷隆盛・大久保利通・桂小五郎・大村益次郎
徳川慶喜・和宮などなど
入場も無料。
6月7日の月曜日までなので
興味のある方はお早めに。

web site
http://www.honganji.or.jp/meijiishin.html

| 史跡 | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【書評】幕臣たちの明治維新
 


【幕臣たちの明治維新/安藤 優一郎 (講談社現代新書)】

新書はサラッと読めて
なかなか面白い。

この「幕臣たちの明治維新」は
敗者となった徳川幕府の家臣たちが
いかに明治の世を生きたかが
分かりやすく解説されている。

新政府に出仕する者や
帰農する者、反政府の立場から
ジャーナリスト活動に転じる者など
あまり語られない歴史の一面の数々は
非常に興味深かった。


| 書評 | 03:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京「幕末」読み歩き
東京の幕末史跡がふんだんに紹介された
『東京「幕末」読み歩き』が
先月、発売されました。


詳細は
をご覧下さい。

本書は数ある東京の幕末史跡関係の本の中で
最も紹介史跡が多く、
全てに写真が掲載されている点が、
最大のウリです。
史跡巡りをされたことがある方はお分かりでしょうが
墓石など、写真がなければ探すのに非常に困難します。

また本書の企画・執筆からデザインに至るまで
全てを一貫して絡繰堂が制作いたしておりますので
愉しんで読める内容になっております。

さらに豊富なコラムも注目です。
「上野公園を巡る幕末銅像の奇妙な因果関係」や
「武田信玄と新撰組の不思議な関係」
などなど、
他ではあまり見ることのできない逸話が盛り沢山!

是非、ご一読下さい!








| 東京「幕末」読み歩き | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サイトリニューアル
 長らく更新が滞っていた「絡繰堂」のサイトが、
「伊呂波堂」と合体して、遂にリニューアル致しました。
以後、よろしくお願いします。

こちらのブログでは
幕末維新に関する様々なコラムを
掲載していきます。

新商品の案内なども致しますので
ご期待下さい。

ところで本siteは
KAZZさん(http://zeitgeistwebdesign.com/)という方に
作っていただいているのですが
この方、かの兒玉源太郎の血縁であられるとか。

兒玉源太郎といえば何といっても「日露戦争」ですが
若き頃には戊辰戦争にも従軍しています。

盟友の乃木希典や東郷平八郎なども
同じく若き頃は幕末の志士として国事に奔走しておられました。

写真は以前に訪れた江ノ島の「児玉神社」。
鎌倉に出かけた際は、必ず参拝しています。



境内には勝海舟らの渡米で有名な
「咸臨丸」の図面が発見されたことを記念する碑も
建てられているので訪れる方はお見逃し無く。

| - | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |